慎重な判断が必要です

法律は、国民生活を豊かにするためという、大きな目的を持っています。
しかし、制定された内容次第では、反対に国民の生活にマイナス作用を及ぼす可能性もあるのです。
例えば、市町村が制定する条例では、給水に関することが、細かく制定されています。
人間にとって水は、生命保持のために、とても大切な役割を果たします。
食物については、数日のあいだであれば、食べることが出来なくても、命を保つことが出来ます。
いっぽう水の場合には、数日のあいだ飲むことが出来なければ、命を保つことが難しくなるのです。
そのために、市町村が各家庭に給水することは、国民生活を豊かにする、根源的な意味があります。
そうした市町村による給水の条例は、市町村の議会において、改正されることがあります。
その議会による改正で、仮に急激な値上げが決定されると、国民生活にも大きな打撃になるのです。
したがって、給水に関する条例を改正する際は、慎重な判断が必要になります。

漫画なら法律も簡単に理解出来るでしょう

弁護士や検察官や裁判官といった厳粛な人達が、携わっているものなので一般の人も法律について難しく捉えがちですが、漫画で楽しく分かり易くある程度までなら理解出来るものも、販売されているためいきなり専門書から入るよりは、取っ付き易いでしょう。
それに、これはあまりお教えしてはいけない情報かもしれませんが図書館や古本屋でも法律の漫画が入手可能となっているので、いきなり購入となるともったいないと考えるなら、そういう所でパラパラっと一通り見ても全体像を把握するのに、充分です。
以上のメリットがある事から、今現在法律の学習に励んでいる人であっても基礎力を固めるために有効活用出来ますので、勉強に行き詰っていたり別の視点を模索している人にも、一読をおすすめします。
後、注意点として法もいろいろな解釈や思想がありますので漫画に出て来る考えであっても、その著者達がそういう風な思考をしたにすぎないと見なしておくと悪影響を極力防げるのです。